ムダ毛の脱毛方法には様々な方法があります。

ここでは《レーザー脱毛》について取り上げていますのでその「メリット」を見ていきましょう。
・施術後の肌のトラブルが少ない~レーザーがメラニン色素のみに反応するという特徴を活かした脱毛方法であるため
・皮膚の表面を傷つけることはほとんどない
⇒施術後の面倒なアフターケアの必要もない。すぐに帰宅可能
・施術時間が短い
などです。
以前の永久脱毛は電気脱毛が主流でした。電気脱毛は、電気針で毛穴を一つ一つ焼いていく施術になります。結果、肌のトラブルが多く、施術に時間がかかりすぎると言う事が難点として取り上げられていましたが
レーザー脱毛がこれらをクリアしました。レーザー脱毛は、約1センチ×1センチの範囲を一瞬で脱毛します。施術時間がぐんと短くなり肌のトラブルも少なくなりました、
又副産物として、医療レーザー脱毛では、電気脱毛では不可能だったうぶ毛の処理が可能となり、医療レーザー脱毛によってワキガが軽減されることもあると言われています。
ワキガは、汗を分泌する汗腺の一つであるアポクリン腺からの分泌物が原因です。この分泌物が皮膚表面の雑菌を分解するときに臭いが発生します。
レーザー脱毛をすることによって毛穴がきれいな状態に保たれ、雑菌の繁殖を抑えることができると言う事で、ワキガの軽減に繋がるのですが絶対的なものではありません。一時的なワキガの改善と言う事です。

物事にはメリットがあればデメリットがあります。レーザー脱毛も同様です。レーザー脱毛のデメリットを見ていきましょう。
・白髪や薄い毛は脱毛出来ない
~医療レーザーは、黒い色素…メラニン)のみ反応します。メラニンが少ない白髪や薄い産毛では脱毛できません。
・毛抜きなどで毛を抜いて自己処理している人は脱毛出来ない。
~医療レーザーは、黒い毛根部分に反応して永久脱毛しますので、カミソリなどで剃って自己処理をしている場合はOK。
・日焼けしていると脱毛出来ない
~医療レーザーの特徴が黒い色素…メラニン)のみに集中します。日焼けしている肌はメラニン量が増えている状態です。日焼けした肌表面にレーザーが反応してしヤケドをする可能性が高くなるためです。多くなるためできない場合があります。
・シミ、アザ、ホクロがあると出来ない
~日焼けと同様で、濃いシミやアザ、色素沈着の強い部分、ホクロがある場合、医療レーザーを照射することで反応しヤケドをする可能性が高くなるからです。
・乾燥肌の方、妊娠中の方は出来ない
~このような方すべての人に対応できないというわけではありませんが、乾燥肌の方や妊娠中の方の一部はレーザーをあてることが出来ない場合があります。

参考:スベらない全身脱毛サロンの選び方

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>